松倉地区(十三(とみ)の里)

 早月川、角川、富川の3つの谷筋に鹿熊、大熊、鉢、虎谷、小菅沼、池谷、北山、坪野、稗畠、室田、金山谷、観音堂、とみ里(団地)の13地区がある。昔は、とみ里はなく、廃村となった古鹿熊を含めていた。古鹿熊以前は、金山で栄えた松倉、河原波のほか、春日、池ノ原などがあった。
 松倉地区には、戦国期まで寺が約30あったと言われるが、市街地や他市町に移転し、今は一か所も残っていない。戦国期から藩政期にかけ最盛期二万人、三万人とも言われた人口は、平成21年4月末時点で世帯数367、人口1180人である。

 写真を見ることができます。

  松倉城趾   入場の門広場  昭和56年の航空撮影  角川ダム  小菅沼城趾   松倉小学校